地球の食卓 世界24か国の家族のごはん|ピーター・メンツェル+フェイス・ダルージオ


地球の食卓―世界24か国の家族のごはん

 文化・生活と食とは切っても切れない関係なんだなあ、というのを実感しました。
 タイトルの通り、食事に焦点を当てた本です。30家族の一週間分の食料を撮った写真が圧巻です。生ものまで買ってしまって、このあとどうするんだろう、という疑問は湧きますが、食卓にずらりと並ぶ、大量の食料は見ているだけでも飽きません。

 例えば……
 狩猟による食料(北極グマやセイウチ)が並ぶ食卓:グリーンランドの一家
 いかにもといった、シリアルやピザで占められた食卓:アメリカ合衆国の一家
 貧しい食料による難民キャンプでの生活:チャドの一家
 もちろん日本の一家のものもあります:東京・沖縄の一家

 全てが食に関わる記事・写真なのに、多種多様。
 見ている私のほうが肥満を心配してしまうほど、栄養過多の食事をしている一家もあれば、ぎりぎりのカロリーで生活している一家もあり、その対比も印象的です。へたに貧しい国の窮状を訴えるよりも、このほうがずっと効果的ではないでしょうか。
 一家の顔立ちも、国によってがらりと変わり、写真だけでも十分満足できる内容なのです。とくに、フランス人一家の美人姉妹の美人っぷりは必見です。

 なんとレシピもあり、自宅で世界の料理も味わうことまでできるのです(材料が入手可能かどうかは別問題ですが……)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です