【努力という美しさの幕開けだ。】ダイヤのA(1)/寺嶋裕二


自分の中で努力ブームというのが来ていて、「努力するマンガ」というのをともかく読みたい!と思っていたわけです。
で、ネットでダイヤのAの感想サイトのようなものをたまたま見つけて購入したわけなんですがまあ面白い!

これですよ、俺の求めていた努力というのはこれですよ!という感じ。

何かに対してガムシャラになるっていう感覚は覚え続けることがすごく大事だと思うんです。

 

もくじ

 

運命の一球

相棒

旅立ちの日

いい度胸だな

才能で語れ

 

感想

 

個人的な話ですが1月に買い始めて現在2月。
一気にあと2巻で既刊を揃えるという所まで来ましたw

1巻自体は青道高校に入るまでの話なのでそこまで大きな山場もなく・・・
主人公の沢村のバカだけど憎めない感じがいいな、程度。

でも、この序章すらワクワクするわけで。
高校の時、自分は全く普通の学生だったんですが、野球のために田舎から出てきて生活をするって想像するだけでなんかワクワクします。
そしてこの先がどんどん面白くなるわけで・・・それはまた別の話に。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です