生きる上での不安と向き合うということ。リーダーの値打ち(山本一郎)読了後の感想。


leader
リーダーの値打ち 日本ではなぜバカだけが出世するのか? (アスキー新書)

読了。

リーダー論の勉強のような意味合いで参考になるかなと読んでみたのですが、もっと別の意味で参考になった。

生きる上では誰もが不安を抱えていること、に始まり、その上でよくありがちな「物の見方一つで世の中が変わる」という考え方を懐疑的に見ています。

まず自分について書きだしてみること。

著者の薦めている簡単な不安に対しての解決のコツです。

書き出した上で、その不安と向き合う。

自分の不安となっている元の部分が分からないとそもそも解決のしようがない。
問題の根本がわかってこそ、解決策が出てくるというもの。

これは凄く納得感がありました。

この本を読んで一番印象に残った部分かもしれないですw
「向き合う」という当たり前の作業なのですがやっていない人がほとんどだと思うのですごくおすすめ。
リーダーに関しての話もあったのですが、そこが一番印象的だったなあと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です