趣味を仕事にするのか、しないのか?「搾取される若者たち ―バイク便ライダーは見た!」(阿部真大)


搾取される若者たち ―バイク便ライダーは見た!(阿部真大)

表紙の帯w

バイク便ライダーにスポットを当てた単行本。
バイクという趣向性の強いものを仕事にしている時にどういうことが起こっているのかをドキュメンタリーとして収めています。

バイクが好きな人にはさぞかしたまらないであろうバイクライダー。
実際に読んでみると、その仕事形態には様々な罠が潜んでいてライダーの身体を蝕んでいることがわかります。

ライダーとして生計を立てたい人は絶対読んでおきたい本。

じゃあ、そうじゃない人には役に立たないのか?というとそういうわけではなく、自分が今携わっている仕事/将来就きたい仕事に当てはめて考えてみる良いです。

タイトルの「搾取される」という言葉にあるように、勤務の形態や方法に社会的な罠が入っていないか?
自分がイメージした通りに永く続けられるものなのか?
改めて考えなくてはいけないことが盛りだくさんです。

働く方法や形態は多種多様になってきているものの、早いうちからどう働くのか?について考えることによってリスクは減らせると思うのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です