残業が嫌だと言う前に心構えとして覚えておきたい柳井正社長の言葉。THINK!No.44


think-44

Think!(シンク) WINTER 2013 No.44: つなぐ、まとめる、組み合わせる ~イノベーションの起こし方

本日のタイトル「残業が嫌だと言う前に」

私ですw

 

残業が嫌い

昨日、同僚と色々と喋っている時に気付いたのが自分の中で「残業」というのが凄い嫌いなんだなあとw

「仕事とプライベートを両立したい!」とかではないんだけど、残業の空気感があまり好きじゃないんですね。
まあ家に帰りたいという単純な欲もあるんですけども。

で、まあ、色々と思うところはあるんですが、ただ単純に残業が嫌いというのも子供っぽいんじゃないかと。
当然日々の仕事の工夫とか、仕事効率化とかも必要。

あともう一つは心構え。

精神論に還るわけではないんだけども、このTHINK!(No.44)でファーストリテイリング・柳井正社長のインタビューがあってそこで興味深い言葉があったので引用してみる。

 

柳井正社長の言葉

僕は余裕がないので、仕事に全力投球しています。
朝の6時半から午後4時まで全力投球で働いたら、昼の1時くらいから「早く帰りたいな」と思えてきますね。

これですよ。

ユニクロの労働体系には賛否両論あったり、議論が巻き起こることもありますがこういう考え方は頭の中に入れておいてもいいのではないかと。

常に全力投球をして仕事をしているか?

本日からの自分への問いにしたいところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です