【書き出し、振り返ることで頭をスッキリさせる】ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則/デビット・アレン(田口元・監訳)


gtd

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

話題になっていた本をよむ。

 

もくじ

リラックスしながら仕事と人生をコントロールするには

想像力は、すっきりした頭から

成果を生む集中の仕方

成果を生む枠組みを作る

リラックスして、さあ始めよう

基礎を忘れずに

 

気になった

頭のなかのやりかけの仕事を全部書き出す

いいアイデアはすぐに実行できない時に浮かんでくる

先のことを心配するより今の状況をしっかり把握する

今日避けた仕事はないだろうか?明日になったらそれが解決しているなんてことはあるのだろうか?

仕事が増大した時にそれに対処する能力があるかどうかにはあまり注意を払っていない

やりかけの仕事を片付けることによって本当にやりたいことのために集中力と創造的なエネルギーを100%使えるようにする

たった今なにをすることがあなたにとってのベストなのか? ベストとは、完璧とは違う。この瞬間あなたの持てるすべてを注ぎ込んでできることがベスト。

創造性を発揮できる人は「整理をする」。そしてそのための整理は意識せずに、自然になされていなければならない。

1週間の終わりに1時間か2時間の時間を取る(するべきことに関して定期的に全体を見渡す)

仕事を考える時、概念的にすぎる人がいる

10%遅れているだけで自分が全くクズになったような気分になることはよくある。ところが引き受けた仕事より10%多く仕事ができると、全く別人のように、世界を支配しているような気分になれる。

(ゴルフのコーチの言葉)「スコアを気にすることはない。池にはまったっていいじゃないか。こう考えてみよう。つまりプレイし続けてさえいれば、君はミスショットもするだろうが、もっといいショットも確実にたくさん打つんだよ」

 

感想

実はこの本を読んだのはちょっと前の話で、読んだ瞬間はうんうん頷いていたんですが気が付けば本の内容を実践しておらず・・・。
特に自分が気になっていた「1週間の終わりに1〜2時間とって定期的に全体を見渡す」というところができていません。

振り返り、書き出してみることで自分の奥底に眠っているものがもっとわかってくるのと、やっぱりスッキリした気持ちで日々を過ごしたいので実践してみたいと思います。
まずは今週末から・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です