【一押しのおすすめギャグマンガ】ヒナまつり(6)/大武政夫


hina

ヒナまつり 6 (ビームコミックス)

結構好きなギャグマンガシリーズ。
この人センスあると思うんですよね。絶妙な間のとり方とか。

 

あらすじ&もくじ

第28話〜第32話まで

第28話 そしてヒナはいつも通り

第29話 超能力少女誕生

EXTRA11 自由への叫び

第30話 がんばれ仁志くん

第31話 川の流れのように

EXTRA12 必殺仕事人

第32話 血と暴力と金に飢えた男

EXTRA13 組とマスコミと子に泣いた男

 

感想

ギャグマンガとしていつ見ても飽きない名作w

この巻で特に面白いのは瞳ちゃんのアルバイト(川の流れにように)とテレビ取材(血と暴力と金に飢えた男)でした。
そもそも中学生がバイトしているという非現実さと、その能力の異常な高さ。
最後は妙に哀愁漂うシーンがありますがまあ実際働きづくしになったらこんな感じになるよねという感じ。
それを中学生がやっているというのがメチャクチャコミカルw

テレビ取材の回は、マスコミの駄目な感じに切り込みつつ(そんな意図もないのかもしれないけども)最終的にギャグマンガとして収めている感じ。
これ、上手いなあって思うのが視点が多角的なんですよね。
マスコミのダメさはそれとして視点があって、TVに知人が出た時の周囲の人の反応ってのも妙にリアルなんですよね。
こっちはそれをヤクザがやっているというのが面白いw

今、自分の中で非常にアツいギャグマンガ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です