【泣ける話。「あずさ2号で再会」がおすすめ】式の前日/穂積


shiki-no-zenjitsu

式の前日 (フラワーコミックス)

どこかのサイトの広告を見て購入。
購入の動機は勢いではあったものの結果、とても良かった。すごく良かった。
割と泣けるのもあった。

 

もくじ

穂積さんの短篇集です。表題となっている「式の前日」はその一つ。

・式の前日

・あずさ2号で再会

・モノクロ兄弟

・夢見るかかし<前編>

・夢見るかかし<後編>

・10月の箱庭

・それから

 

感想

冒頭にも書きましたがものすごく良かったです!
作風なのか、短編だからなのか分かりませんが、1回サラッと読ませておいて最後に「種明かし」をして、もう1回読みたくなるという感じの作品が多いです。

そんな中で、私のおすすめは「あずさ2号で再会」。

1回目はそのままいったのですが、2回目に読み直してみたらちょっとホロっときた。これはまずい。
というか、ちょっとこの手の話弱いんですよ。同じような感じの流れで行くと「モノクロ兄弟」とかも。

全体的に人生を考える作品。
人生と言ってもそんなに堅いものではなく、人の一生でこんなことがあるかもという現実的なこと。

このへんの絶妙な感じが心の琴線に触れるのかもしれません。

いい話。おすすめ。


(書籍・kindle両対応)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です