歴史や古文に興味がわく本。もしも紫式部が大企業のOLだったなら /井上 ミノル

もしも紫式部が大企業のOLだったなら 紫式部のことを現代で例えるとどんな風なのかをマンガで解説。 興味本位で購入したもののなかなかわかりやすく、面白かったです。   もくじ オフィス編・その一 オフィス編・その … 続きを読む

聴覚障害の女の子の話。重い、けど、読み応えあり。聲の形(1) /大今良時

聲の形(1) (少年マガジンコミックス) 本屋に行ったらものすごくプッシュされていたので購入。 「面白い」という言い方は凄く語弊があるのですけども、ものすごく読み応えがありました。   あらすじ いわゆる悪ガキ … 続きを読む

伝承を読み人間の原点に立ち返る。アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉/エリコ・ロウ

アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉 (扶桑社文庫) 前回「落ち込んだ時に繰り返し読み直す。絶望に効くクスリ―ONE ON ONE (Vol.8) /山田玲司」を読んだ際に「気になった」に書いたのですが、エリコ・ロ … 続きを読む

七つの大罪/鈴木央を一気に読み進めた。何と言うか鳥山明を連想した。

七つの大罪(1) (少年マガジンコミックス) 借りて一気に読み進めました。 正統派のマンガでここまで真っ直ぐなのも今日び珍しいかもしれない。   あらすじ かつて大罪を犯した事で指名手配されている『七つの大罪』 … 続きを読む

【捨てる片付けノウハウをマンガで】わたしのウチには、なんにもない。2 なくても暮していけるんです /ゆるりまい

わたしのウチには、なんにもない。2 なくても暮していけるんです 前巻に引き続き2巻を購入しました! 相変わらずの突き進みっぷり。だがそれがいい。   もくじ なくても暮していけるんです  捨てふんぎりのつけかた … 続きを読む

土橋健司九段という新しい、静かに圧巻な存在の努力家。3月のライオン(9)/羽海野チカ

3月のライオン 9 (ジェッツコミックス) もはや期待を裏切らない面白さ。鉄板の1冊。   概要 ・ひなたの進学 ・滑川臨也(なめりかわいざや)七段の話 ・土橋健司九段と宗谷名人の名人戦   感想〜こ … 続きを読む

「自分を下手だと思っているうちは人は成長する」ボールルームへようこそ(5)/竹内友

ボールルームへようこそ(5) (月刊マガジンコミックス) マンガ大賞でピックアップされてから読んでいますがこれはアツい!   あらすじ 天平杯が終わり、受験を迎え、多々良は高校へ入学。 しずくに「あと1年で同じ … 続きを読む

【モバマス無課金勢とは対局にある究極の姿】走り続ける男たち モバマス廃人 (三才ムック vol.622)

走り続ける男たち モバマス廃人 (三才ムック vol.622) こんにちは、無課金勢です。 モバマスをやっている上でどうしても課金勢が有利になっていくのはゲームとしては仕方のない事なんですが、その中のトップランカーがどう … 続きを読む

電王戦に見る、将棋を超えたプロ棋士の精神世界。われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る/米長邦雄

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る 将棋には詳しくないのですが、コンピュータ将棋が話題になっていたこともあり読んでみました。   もくじ はじめに 人間を凌駕しようとするコンピュータ将棋ソフト 6二玉 … 続きを読む