RT乞食とは(wikiに載ってないtwitter知識シリーズ)


twitterをやっている方ならもしかしたら聞いたことがあるかも知れません。

「RT乞食」

読んで字のごとくですが「乞食」=「モノを乞う人」という意味。
つまりは「RTを乞う人」ですね。

例えば
「〇〇な人RTしてください!」
とか
「〇〇回RTされたら告白する」
とかそういったものです。

原則twitterではRTをすると自分のフォロワーさんにもそのツイートが広がっていってしまうので注意が必要です。
フォロワーさんの中にはそういうRTを求める行為が嫌いな人もいるので…

**

以下、本のサイトなので本の紹介も少々。

twitter関連の本でどんな本を読んだかなと思って本棚を見直してみたのですが以下の4冊でした。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

これからtwitterを始める人向けに。またはtwitterって何が面白いの?という方にも。
自分が一番最初に読んだのはこの本でした。分かりやすく、魅力が伝わってくる。

ついった! -4コマで楽しむとなりのTwitter- (マジキューコミックス)

こちらも初心者向け。
「ツイッター 140文字が世界を変える」より砕けた感じの書籍です。
表題どおり4コマ漫画+文章なので、文章のみで読むのがしんどい、という方にはこっち。

iPhoneとツイッターで会社は儲かる (マイコミ新書)

ECstudioのtwitterとiPhone社内利用の例。
全ての会社に適応できるのかは分かりませんが社内にiPhoneやtwitter導入(twitter導入ってのはちょっと特殊なのでなかなかないかも)を検討している経営者の方や、長の方に見てもらいたい本。
こういう使い方もありますよという一例。

キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代 (アスキー新書)

販促でtwitterを導入しよう!と考えている方にまず読んで欲しい本。
その考え方、安直じゃないですか?と。
実際にtwitterを管理したり運用したりするのって思ったより難しいんですよ。流行りに乗ってすぐどうこうなるものではないですよ、と。
非常にためになるのでtwitterを使用した販促を考えている人は必読。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です