莉央の過去が明らかに。中卒労働者から始める高校生活(2)/佐々木ミノル


worker-2

中卒労働者から始める高校生活(2) (ニチブンコミックス)

1巻読んだ時にこんなことを感想で書きました。

工場長の意図は一体何なのか、どういうところから今回のような行動を取っているのか。
その見せ方によってはもう工場長の立場ので共感を得てしまうかもしれませんw
【工場長の立場からの視点が気になる】中卒労働者から始める高校生活/佐々木ミノル

うん。

2巻読んだら、そういう視点が一気に吹き飛んだ。
明かされる逢澤莉央の裏側。そして「あれ、このマンガ、結構重いぞ」という率直な感想w

でもとてもおもしろい。

(※感想はネタバレ含みます)

 

あらすじ

お嬢様・逢澤莉央が抱えている問題を中心に話が展開していきます。
1巻の最後の方に張られていた伏線が明らかに・・・

 

もくじ

校外学習

欠席

放課後

夏休みの終わる頃・前編

 

感想

この心の芯にずっしりと来る重さw

お嬢様の莉央が何故通信制高校に通っているのか。
そして問題として何を抱えているのか、が明らかになります。

莉央が小学生の時に家庭教師として就いたいとこの男の性的ないやがらせを受け続け、そこがトラウマとなっているという話。
こんなことあるのかな?と思いつつも、正直なところ現実にあっても全く不思議ではないのでちょっと怖い部分があります。

1巻最後の「触らないで!」という発言もそこが元になっていたりして、これがまた面白いのですが、莉央視点から見ると前述のトラウマが背景になっており、真実(まこと)からすると「自分が中卒の工場労働者だからではないか?」という背景に見えてしまう。

お互い自分のトラウマを抱えつつ歩み寄ろうとするのだけども、タイミングが合わずにすれ違ってしまう。そんなもどかしさがあります。
ただ、2巻末で最終的にはそのタイミングも合い、うまく収束してひとまず安心ですね。そして結構泣ける。

1巻の感想で触れた工場長ですが、ちょっとだけ登場します。
自分も比較的いい歳になってきたので分かるのですが、こういう親のような存在ってホント偉大だわという感じ。

3巻も発売中なので感想は後日…

●電子貸本Renta!(各巻の無料サンプルも見ることが可能)
中卒労働者から始める高校生活(電子貸本Renta!)

●Amazonは書籍・Kindle両方対応
中卒労働者から始める高校生活(2) (ニチブンコミックス)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です