【無駄なものを捨てる快感とその生活への憧れ】わたしのウチには、なんにもない。「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります。(ゆるりまい)


nanimonai

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります

凄くいい本。

以前、掃除の本として「人生がときめく片づけの魔法/近藤 麻理恵」を紹介したことがありましたが、これまた掃除関係の本で名作と読んでもいい一冊。

なんにもないぶろぐ」というブログを運営しているゆるりまいさんの書籍。

断捨離ブームがきている中、「ともかく捨ててみよう」というスタンスではなく「捨てたくて仕方ない」という新しいスタンス。
ここまで来ると他人が真似できない領域に入ってくると思うのですが、これはこれで見ていて爽快感があります。
そして部屋が本当に美しい・・・!(ゆるりまいさんのブログを見ていただくと凄く分かりやすいかと思います)

 

もくじ

ステ大病を発症しました

東日本大震災を越えて

汚部屋脱出!「捨て」への情熱

片付けられない家族と片付け魔の自分

お家拝見コーナー

 

気になった

たくさんのものに囲まれているということは、頭にたくさんの情報が入ってくるということ

「本当に必要なものってこれだけなんだ・・・」

物が外に出ていないと掃除がめちゃくちゃ楽&早い

なくても暮らしていける物たち

少ない服で着回したい!

 

感想

ここまで来ると超人の領域。でも見ていてとても気持ちがいいし、憧れる。

「物を片付けたいなあ」とか「片付けたら綺麗になるんだけどなあ」という人はまず読んでみるべき一冊だと思います。
具体的に「綺麗になったら嬉しい」というイメージはそれぞれにあると思うのですが、ゆるりまいさんクラスの達人の「究極の領域」を見るとかなり片付け欲を刺激されます。
※本を購入するのを躊躇している方はまずブログを見てみると良いかもしれません。

こんまりさんの本とはちょっと趣向が異なり、マンガでビジュアル的に読みやすいので、片付けしたあとの「気持ちいい」イメージとポイントのようなもの(この領域はなかなかたどり着けないと思うんだけども)を掴むにはいいかもしれません。

2冊目も出るそうなので、こちらも楽しみ!

追記:2巻の感想を書きました!
【捨てる片付けノウハウをマンガで】わたしのウチには、なんにもない。2 なくても暮していけるんです /ゆるりまい

こちらが2巻


【無駄なものを捨てる快感とその生活への憧れ】わたしのウチには、なんにもない。「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります。(ゆるりまい)” への1件のコメント

  1. ピンバック: 【捨てる片付けノウハウをマンガで】わたしのウチには、なんにもない。2 なくても暮していけるんです /ゆるりまい | 読書で人生を豊かに変えるブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です